Rua Terezina 95, Adrianópolis
Manaus, Amazonas, Brasil
CEP: 69057-070
Tel: +55 092 3233-3346

マナウス観光と散策

更新: 2017年10月18日 16:34

市内、及び近郊の観光スポット

  ○  アマゾナス劇場 (Teatro Amazonas)
   
アマゾナス劇場(テアトロ・アマゾナス)
  マナウス市内観光の中心としては、アマゾンの歴史を遡ること一世紀、ゴム景気で巨万の富を築いた当時の面影が偲ばれるアマゾナス劇場がまず挙げられる。 南アメリカで最も豪華な劇場の一つであり、建築には17年の歳月を要し、1896年に定礎された後、内装に更に3年を費やした建造物は絢爛華美。 舞台を飾る幕は、パリにてクリスピン ド アマラル画伯によって描かれた。 天井の中央にはバラの花をデザインした華やかな銅のシャンデリアが掛けられ、舞台は間口30メートル、奥行き15メートル。 屋内の壁画はフランス、イタリアの画家によって画かれ、建築資材の木材はアマゾンの銘木をマナウスで切り出して欧州に送り、欧州で加工したものを再びマナウスに送り返し、大理石はイタリア、ポルトガル産のものをイタリアで組上げ、それを解体して船で運ばれマナウスで再び組立てられた。 鋳鉄製の階段や手摺はイギリスから輸入したもの。 劇場の丸いドーム屋根は、フランスのアルザスより取り寄せた色ガラス状のタイルでブラジル国旗をデザインして葺かれている。 この劇場は、当時のゴム景気に沸いた「ゴム成金」によって誕生した建物で世界的にも著名なものである。 アマゾンの孤島マナウスにこのような贅を尽くした建築物が存在することで、当時のゴム景気が如何に巨万の富をこの地に齎したか、そして、このようなオペラ劇場をこの地に建設した当時の文化水準の高さも偲ばれる。
1990年、2年に及んで改修工事が行われた。 、5階建て、客席数681席、年間を通じオペラやジャズ等の、フェスティバルが開催されている。
   

・所在地: Avenida Eduardo Ribeiro – Centro

・℡: (92) 3622-2420 / (92) 3622-1880

・開館時間 火曜~土曜 9:00~14:00 日・月曜・祭日休館

(イベント等が開催される場合には一般公開が中止されることがある)

   
 

○ 旧 裁判所(Palácio da Justiça)

 
旧裁判所
 

1900年開設よりマナウスの司法権の本拠として機能していたが、2006年より文化センターとして利用されている。 フランス第二帝政時代の建築様式とイギリスのネオクラッシック、さらにイタリアのルネッサンス様式の影響を受けた建造物で、州の歴史的建造物に指定されている。 内部は総て装飾豊かなバロック様式、正面階段は総て大理石で出来ており、上部にはギリシャの正義の女神テミスの像が立っており、その目は他の像と違い布で覆われていないのが特徴である。

   

・所在地: Avenida Eduardo Ribeiro, 833 – Centro

・℡: (92) 3627-1600   (92) 3248-1844

・開館時間  :  火曜~金曜 08:00~14:00、 日曜 09:00~13:00、 土曜 月曜、休館

   
  ○ 歴史博物館(Palacete Provincial)
 
歴史博物館
 

アマゾナス劇場と並び、ゴム景気に沸いた時代に建てられた荘厳な建造物。 創立は1875年2月28日となっているが、完工したのは同年の8月31日。マナウス市議会上院議員クストジオ・ピーレス・ガルシアの住居として建てられたが、後に政府に売却された。
2005年10月から2009年3月迄の修復工事を経て、国内外の古銭展示、絵画コレクションの展示、旧時代の映像機器展示、軍政時代の考古学博物館として、2009年6月25日より無料で一般公開されている。 アートギャラリースペースも備え、館内1階にはカフェテリアもある。

   

・所在地: Praça Heliodoro Balbi (Plaça da Polícia), S/N, Centro

・℡: (92) 3631-6047

・開館時間 : 火曜~土曜 09:00~14:00(入館時間)

   
 

○ 税関庁 (Alfandega)

 
マナウス港税関舎
  1906年開設、1987年に歴史的建造物に指定された。 イギリスのManaos Harbour Limited社がマナウス港の承認を得るために建設したもの。 イギリスからすべての資材を運び込み、当地で組み立てられたこの建造物は、世界最古のプレハブ方式の建造物の一つである。 建築様式は中世からルネッサンス風で、現在は、税関本部として利用されている。
   

・所在地:Rua Marques de Santa Cruz, s/n Centro

・℡:(92) 2125-5565

   
 

○ リオ・ネグロ宮殿(Parácio Rio Negro)

 
リオ ネグロ 宮殿
 

ゴム景気に沸いた時代に建てられた建造物で、以前は、州政府庁舎であったが、現在では州の文化庁としての機能とアマゾンの人々の生活様式や文化を集約したコーナーやエクスペディション会場、現地のアーティストのショーなどのスペースも併設されている。

   

・所在地:Av. Sete de Setembro,  s/n, Centro

・℡:(92) 3232-4450

・開館時間: 月曜~金曜 10:00~16:00   土・日曜 16:00~20:00(要確認)

   
 

○ インディオ博物館 (Museu do Indio, anexo ao Patronato Santa Terezinha)

 

サンタ・テレジーニャ教会内にあり、同教会の布教活動範囲であるネグロ河上流域のインディオの生活様式や生産活動が紹介されている。 日常道具および狩猟道具などの展示品は5000点を超える。

   

・所在地: Avenida Duque de Caxias, 296 – Centro

・℡:(92) 3635-1922

・開館時間: 月曜~金曜  8:30~11:30 13:00~16:30

       土曜 8:30~11:30 日曜・祭日休館   

   
 

○ 市営市場 (Mercado Municipal Adolpho Lisboa)

 
市営市場(メルカード・ムニシパル・アドルフォ・リスボア)外観
 

1883年に開設。 ゴム景気に沸く20世紀初頭、パリのLes Halles市場を模して作られたもので、パリで一度組み立てられ、その後、分解されてマナウスまで運ばれて建てられた。 港に隣接し、アマゾン河の珍しい新鮮な魚、肉類、薬草や野菜、土産物売り場に分かれている。 多くの観光客も訪れる。 現地のアマゾン料理を提供するエリアも併設。 

市営市場(メルカード・ムニシパル・アドルフォ・リスボア)内部

隣には、更に規模の大きなフェイラ モデルナがある。 同様に、肉、魚、豊富な果物や野菜が大量に積み上げられて売られている。 さながらマナウスの台所といったところ。

早朝から賑わい、アマゾンの新鮮な魚、近郊から集められた果物が豊富。

※駐車場有り(Mercado 後、及びFeira Manaus Moderna前)。 

   

・所在地: Rua dos Barés, 46 – Centro

・℡:(92) 3232-9210

・営業時間: 月曜~土曜:06:00~18:00         日曜:06:00~12:00

   
 

○ 動物園(Zoológico do CIGS)

 
CIGS 動物園 入口 動物園内
     
 

CIGSとは、Centro de Instrução de Guerra na Selva の略称で、ジャングル・レンジャー部隊司令部のこと。 

陸軍・第12軍団管轄下にあるレンジャー部隊訓練センターエリアにあり、ジャングルでの訓練中に部隊が捕らえたアマゾンの動物が飼育されている。 

   

・所在地:Avenida São Jorge, 750 - São Jorge

・℡:(92) 92125-6400

・開園時間: 火曜~日曜 9:00~17:00

・有料  ※駐車場有り

   
 

○ ミンドゥー公園 (Parque Municipal do Mindu)

 
ミンドゥー公園内 遊歩道
 

市内のパルケ デース地区に位置し、市民の散歩コースにもなっている。日曜日には園内で朝食もとれる。

   

・所在地: R. Perimetral, S/n - Parque Dez de Novembro

・開園時間: 火曜~日曜 8:00~17:00

・入園無料  ※駐車場有り
   
 

 アマゾン国立調査研究所  (Bosque da Ciência/INPA – Instituto Nacional de Pesquisa da Amazonia)

 
INPA アマゾン国立調査研究所 入口 INPA アマゾンマナティ飼育プール INPA アマゾン国立調査研究所内 遊歩道
 

アマゾンの動植物を調査、保護している機関。 広い敷地内には、アマゾンの生物が飼育されている。 

水槽にはアマゾンマナティも飼育されており、遊歩道を歩けば、ワニや亀、猿等の動物も見ることができる。

   

・所在地: Rua Otávio Cabral, sem número - Petrópolis

・℡:(92) 3643-3293

・営業時間: 火曜~金曜 9:00~12:00  14:00~16:30

       土日曜 9:00~16:00  有料。   

※駐車場有り。
     
 

○ マナウス・カントリー・クラブ

   
  1984年3月6日、現地日系人によって創設されたクラブ。 ゴルフ場、プール、テニスコートを備える。 雰囲気は庶民的。
   

・所在地: Estrada Belem, 3000 - Colonia Cachoeira Grande

・℡: (92) 3644-2995

・営業時間:

※駐車場有り
     
 

○ ソリモンエスの奇観 ‐アマゾン河遊覧、ネグロ河とソリモンエス河合流点 (Encontro das águas)

    
ソリモンエスの奇観(ソリモンエス河とネグロ河の合流点)
    
 

アマゾン河遊覧も興味深いもので、ソリモンエス河とネグロ河が合流してアマゾン河となるが、特にこの二つの河の合流点は、前者の茶色い水と後者の黒い水が、この二つの河の水質(水温、流速、pH等)の差により、約10キロメートルにおいて互いに混ざり合うことなく縞模様を織りなして流れており、そこに行けば大自然の驚異を目の当たりにでき、ほんの一時ではあるが悠久の大河と自然の驚異を肌で感じとれる。 

数社の観光遊覧船が1日コースで運航している。 運がよければ、ピンクイルカ (アマゾンカワイルカ)にも遇える・・・。 

     
     
市内、及びマナウス周辺の水浴場
     
 

○ ポンタ・ネグラ水浴場  (Praia da Ponta Negra ‐ Estrada da Ponta Negra)

   
  セントロ地区より北西約10km(ホテル・トロピカル手前)のネグロ河岸に位置し、夕刻や週末には観光客や家族連れ等、多くの人で賑わう市民の憩いの場。 広い砂浜が続き、近場の水浴場としても人気。 

※駐車場有り。

     
 

○ ドウラーダ水浴場(Praia Dourada ‐ Estrada do Tarumã)

   
  ネグロ河支流のタルマン・アスー河にある水浴場で、浮き桟橋方式のレストラン・バーが並び、やはり市民の憩いの場として週末には多くの人で賑わう。 

※駐車場有り。

     
 

 ○ アスーツーバ水浴場(Praia da Açutuba) 

 
アスツーバ 水浴場(11月から12月にかけて水位が最も下がる時期には広大な白砂の砂浜が現れる)
     
 

マナウスより橋を渡ってネグロ河対岸、マナカプル方面29km地点を右折(ネグロ河方向)、約11kmでネグロ河岸に到着する。

11月~12月にかけて、河の水位が最も下がる頃、ほんの僅かな時期だけ広大な砂浜が出現する。 褐色の水に浮かぶ白砂のビーチとのコントラストが素晴らしく絶景が広がる。 その美しい景観も水位が上がり始めると、ひと月ほどで姿を消してしまう。

全てプライベートビーチとなっているが、一般に開放している。 有料と無料のビーチ有り。

食べ物、飲み物は持ち込み禁止となっているが、ビーチ内のレストランやバーにて購入可能。 ※駐車場有り。

     
  ○ プレジデンテ・フィゲレード (Presidente Figueiredo
    
 

マナウスより国道BR174号線を115km北上したところに位置する有名な観光スポット。 

大小、様々な形態の滝が広範囲に点在し、その数は知られているだけでも150以上にも上る。 大半が私有地内に存在し、入場料を払って入ることができる。 有名な滝は、周辺に散在しているので、一日では足りない。 何度も足を運んで自然と戯れる価値が充分にある。

     
  ○ リオ・プレット・ダ・エヴァ (Rio Preto da Eva)
 
  マナウスより州道AM10号線、イタコアチアラ方面78km地点に位置し、Preto da Eva川沿いに水浴場が点在する。 週末には多くの水浴客で賑わう。 森の中を流れる上流域は川幅が狭く、観光客も少ないのでアマゾンの自然を満喫できる。 
市場(フェイラ)では、近郊で取れた新鮮なフルーツやチーズ、蜂蜜等が手に入る。 オレンジやパイナップルの産地で、産地直売もある。
     
     
エコ・ツーリズム
  ・アマゾン エコパーク ジャングル ロッジ  (Amazon Ecopark Jungle Lodge)
   

マナウス市内からボートで30分のところにあり、手軽にジャングル体験ができる。

部屋にはインターネットもテレビも無く、都会の喧騒から放れて暫し文明の利器から遠ざかることで、普段の生活の忙しなさと有難味が痛感できる。

所在地: Canal Panemão, s/n - Rio Tarumã, AM

℡: 0800 761-770

     
  ・アナビャーナス ジャングル ロッジ  (Anavilhanas Jungle Lodge)
   

ネグロ河、アナビャーナス国立公園内に位置するジャングルホテル。 ネグロ河の雄大な流れとジャングルに囲まれ、都会では感じとれない時間の流れを満喫できる。

マナウスから車で約2時間半。 飛行艇のチャーターも可能。

所在地: Novo Airão - Amazonas

℡: (92) 622-8996

     
  ・アマゾン ツパナ ロッジ  (AMAZON TUPANA LODGE)
   

アマゾン河対岸、国道BR319号線、178km地点に位置する。

小規模なジャングルロッジで、アマゾンの自然を肌で直に感じ取ることができる。

所在地: Km 178, BR 319 Margem esquerda, Rio Tupana, Amazonas
℡: (92) 99221-5499 / REJANE (92) 99109-2118 / REBECA (92) 99433-0821
マナウス事務所 (92) 3347-5435 (08:00 - 17:00)

     
     
マナウスの主な旅行社
     
  〈日系旅行社〉
     
  ◇ ATS ツール (ATS VIAGENS E TURISMO LTDA)   (日本語対応可)
   

アマゾンで半世紀近く、マナウスで30年以上もアマゾン観光を手掛けるアマゾンのエキスパート。 

専属日本語ガイドもいて安心。

  所在地:Rua Belo Horizonte, 19, sl 1115, Edifício The Place - Adrianópolis

  ℡:(92) 3622-2788   (92) 3622-2789

  E-mail: info@atstur.com      boto.atstur@gmail.com

     
  ◇ パラ アマゾナス ツーリズモ Pará Amazonas turismo
   

  所在地: R. José Clemente, 508 – Centro  (アマゾナス劇場横

      ℡:3234-8046 / 3622-3200 / 3622-2874

  E-mail: yonekura@paraamazonastur.com.br